読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人日記

インターネットで得た情報を紹介します

なぜ東大に入るべきなのか

高校生のみなさん。おはようございます。あなたはこの1年を有意義に過ごして、未来の東大生になろうと張り切っているはずだ。なぜあなたたちが東大に入るべきなのか、いまから説明したい。

勉強の時間がもったいないと思うのなら、読まなくたって構わない。このたった2000文字の文章を読めない人は、東大には合格できない。

仕事に困らない

東大に合格した秀才ならば、大半の仕事はこなせる。とくに東大生は事務作業に向いているらしいが、持ち前の頭の良さがあるのだから、ほとんどのホワイトカラーの仕事に適性があるのだ。

当たり前だが、就職活動で最も重視されるものは、学歴だ。会社の人事は優秀な社員を入れなければならない社内のプレッシャーに押されている。もし使えない役立たずの新入社員が低学歴だと分かったら、その責任は社員を入れた人事部の責任になる。しかしこれが「東大卒」だったら、「ああ、東大だから人事部がこの人を採用したのは悪くない」という具合に責任を回避できる。

自分の年収だって高くつく。東大生の職業といえば、国家公務員、弁護士、医者、官僚、マッキンゼー、研究職……東大生というだけで未来はバラ色。羨ましい限り。

いざ仕事になるとどうしてもアイデアが浮かばないときもあるだろう。しかし同じ悩みを抱えている人がすでに問題を解決している。思考チャートを使え。すぐに発想力豊かになれる。発想は技術だから繰り返しトレーニングすれば誰でもできるようになる。小学生時代の計算ドリルを思い出す。

たくさん勉強できる

東大には進学振り分けという制度があるので、入学してからもさらに勉強をすることになる。この経験を積むと、びっくりするほど賢くなっている。大半の似非科学陰謀論には騙されないし、朝の情報番組のコメンテーターの安っぽい意見にも流されなくなる。社会を見る目も変わっているはずだ。

この経験は、これまで多くの人が経験したくてもできなかったこと贅沢な体験なのだ。これからの人生を豊かに生きるためには多くの勉強が必要である。東大には、そのためのサポートが充実している。日本で一番大きい大学図書館に、日本で一番の研究助成金。実は日本の土地の0.1%は東大の敷地だという事実はあまり知られていない。これもすべて東大生の学問の自由を保障するためのもの。ありがたく思うべきだ。

期待される

東大ブランドがあるだけで周りの人が期待してくれるので、すごく頑張る。失敗できないという圧力がかかるので失敗しないように努力する。

かの哲学者アリストテレスも「自分に勝った人間が一番勇敢である」と名言を残している。あなたの周りにも多くの誘惑があるだろう。その誘惑に打ち勝ち、たゆまぬ努力した人間こそ真の勝者なのだ。周囲からの継続したプレッシャーがあれば、多少の誘惑には惑わされなくなる。

親戚のおばさんから「将来は日本の未来のために~」なんとか言われた人もおおいだろう。なにせ東大生。過剰な期待もあるかもしれない。しかし、期待されるというのは悪い気分じゃないはずだ。

モテる

知っての通り、日本最高学歴である東大の男女比は4:1。さらにほとんどの奴らが男子校または女子高出身なので男女の関係になれていない。この事実が、東大男子と東大女子の明暗を大きく分ける。

東大女子にとって、人生最大のモテ期は東大在学中である。なにせ周囲を見渡せば男子ばかり。しかも大半の男子は男子高出身なので恋愛経験に乏しい。だから「女子力」なんてスキルを身につけなくても、普段通りふるまっているだけですごくモテる。ただ女であることが、東大では武器になる。

だからといって東大男子にモテ街道が閉ざされたわけではない。世の中に大学生は東大生だけではない。他大の女子と付き合うという選択肢がある。東大生はリスクを避ける生き物だ。恋愛において東大女子という希少種はリスクが高いので、意外と東大男子は狙わない。目安としては、彼氏のいない東大女子は全体のおよそ半分だと思えばいい。

卒業したら立場は逆転。東大男子の我が世の春だ。この日本社会、東大という学歴にすがりたい女は山ほどいる。しかもそういう女は学歴も悪くない。青山、早稲田、慶応、お茶の水、……そこらの凡人男性が手に届かないような女性たちと結婚できるのだ。しかし東大だからと言ってうぬぼれるな。謙虚を忘れるな。

東大女子は卒業すると他の男性から遠慮されてしまうのは事実だ。「自分がこんな頭のいい女性に釣り合うのか」と不安になるのだ。でも社会にでれば、男性なんて星の数ほどいるので、気にせず東大生名乗っていい。「日大卒です」なんて学歴を偽る自己紹介はやめろ。日大に失礼だぞ。

東大だけが大学ではない

これから将来の進路はなにも東大だけではないはずだ。芸大や音大だって立派な大学だ。そこに進学することは、東大合格より難しいと思う。日体大では体力が重視される。志の高い人は海外留学をしてもいい。たった1度の人生、選択肢は山ほどある。大学は18才から22才までの最も充実した時期を過ごす場所。悔いのない選択をしてほしい。